iPhone5s最高値買取り情報

iPhoneを高く売るコツ!

iPhone 5Sは人気機種ということもあり、今でも高額で本体が取引されています。

機種変更の際には、今まで使っていた機種が手元に残ることになります。
大まかに分けて売却方法は3通り考えられます。

 

携帯電話のキャリアに下取りをしてもらう方法

 

 

専門も携帯電話の買取業者に依頼すること。

 

 

インターネットオークションに出品することです。

 

1つ目にあげた携帯電話のキャリアに下取りしてもらう方法ですが、
この方法では査定金額が月々の携帯電話の利用料から
1年ほどに分けて割引されるというシステムになっているので、
手元に現金の形で戻ってくることはありません。

 

 

そのためiPhone 5Sを高く売るということを目指す場合には、
専門の買取業者に依頼するかインターネットオークションに出品するかのどちらかとなります。

 

 

専門の買取業者に依頼する場合、
買取価格は業者によって波がありますが、最も容量の小さい16GBモデルの場合で、
2015年4月現在、おおよそ3万円弱で取引されていることが多いです。

 

 

 

これに対してインターネットオークションで落札された
iPhone 5Sの平均取引金額を調べてみると、買取の場合とあまり差はなく、
やはり3万円弱で取引されることが多くなっています。

 

⇒iPhone5s買取業者の相場

 

では、どちらの方法取るのがよいのでしょうか。

 

 

まず、自分で出品から取引連絡までを行う
インターネットオークションは慣れている人にとってはさほど面倒くさい作業ではありませんが、
今までインターネットオークションを利用したことがない人にとってみてはハードルが高いかもしれません。

 

 

 

そういう人の場合は取引業者を利用するのも手かもしれません。

 

 

 

しかし、買取業者を利用するにも買取金額を高くしたいものです。
買取金額をできるだけ引き上げるためにできる限りのことをしておきましょう。

 

 

 

例えば、売却しようとしているiPhone 5Sに何かしらのトラブルがある場合。

 

 

 

さらに具体的に言えば、バッテリーの持ちが非常に
悪くなっている場合や、カメラやイヤホン端子などといった
ハードウェアに問題がある場合などが挙げられます。

 

 

 

こういった問題を抱えていると、単に買取価格が下落する傾向にあります。

 

 

 

 

そのため、売却の前に一旦下取りを取ってもらって
自分のiPhone 5Sを売却した場合どの程度の金額になるかを事前に調べておきます。

 

 

 

単純な話ですが、その不具合がなかった場合の
本体の買取価格と見積もりの買取価格との差額が、
修理に必要な経費よりも大きい場合、修理に出してすべての不具合が解消した状態で
売却したほうがお得ということになります。

 

 

⇒故障品を高く売るには?

 

 

 

一般に、iPhone修理費用は高額とされていますが、
巷には格安でiPhoneを修理してくれる業者が存在しています。

 

 

 

 

 

中には信頼できない業者もあるので、
きちんとした実績のある業者を選ぶ必要があります。

 

 

 

店舗が全国にどの程度あるかはひとつの目安になるでしょう。

 

 

 

格安で修理を承っている業者にいちど相談をしてみて、
その故障を修理した場合、どの程度の費用がかかるかを見積もってもらいましょう。

 

 

 

ダイワンテレコムならスマホの修理も行って、
部品は全て純正の物を使っています。

 

 

 

3ヶ月保証も付いているので、修理したほうが高く売れる場合は見積もりを
取ってみるのも良いかもしれないですね。